yumikoneko

コロナ

まだマスクが外せないけれど

この暑いのにマスクがなければ外出ができません。なんだかおかしなことになってきましたね。私たちはマスクをするのも帰省をするのも、自分で考えて決められる環境に生きているはずですが、それが怪しくなっていたようで不安です。
季節

8月

8月には戦争を思い起こさせる日があります。広島県出身の私の父の話をしたいと思います。もっとよく話を聞いておけば良かったのですが、父が亡くなってからもう15年が経とうとしています。父や母の話を私がしなければ、忘れられてしまいますね。
生活

吉田類の酒場放浪記

毎週月曜日にBSで放送されている「吉田類の酒場放浪記」を楽しみに見ています。コロナのせいでずっと酒場での吉田類さんが見られませんでしたが、やっと復活しました。それを見て私が感じたことをお話します。自分と向き合うのにぴったりの番組ですよ。
季節

梅干し

夫の叔母がくれた梅干し、美味しいのですが今年はまだよく漬かっていないようです。昨日、叔母から天日に干してから、もう1度漬け込むようにと電話がかかってきました。私は将来的には、お手製の梅干しが食べられるのかと考えてしまいました。
家族

黙って出かける次女

最近、私が気になるのは、出かけるときに次女が黙ってこっそりと家を出ていくことです。出かけるときに親にあれこれ言われたくない気持ちは私にも覚えがありますが、私にとって出かけるときのあいさつには特別な意味があるのです。
ブログ好き

昨年の今頃、何してた?

昨年の今頃、私はブログを始めようとしていました。今でも過去の自分に会えるのは、ブログを始めたおかげだと思っています。私は日記は続きませんでしたが、ブログはまだ続いています。その理由を考えてみたので、聞いてください。
家族

片付けすぎるのはどうなのか

長女が片付けないという話をしましたが、次女は反対です。次女の部屋の中はガランとしています。そんな次女に私が感じた不安についてお話します。かつて私も人に同じ不安を感じさせていました(画像の部屋は無関係です。ここまでではありません)。
ブログ好き

かつての自分を思い出したブログ

片付けても片付けても子どもが散らかす、これは嫌になりますね。でも、一緒に片付けるのも大変です。そんな気持ちを綴ったブログを読んで、過去の自分を思い出しました。そんなとき、私がとった行動とは?。私は片付けない娘との共存を選びました。
季節

りんごの皮むき

毎年夏になると思い出す同級生がいます。彼女は中学生のときにお母さんを亡くしましたが、そのときに話したことが忘れられません。特に仲良しではありませんでしたが、それでも心に残ることはあると思います。
生活

眠れないときに

眠れないときに、つい考えてしまうことが誰にでもありますよね。私は昨日の夜中から夜が明けるまで、小学校のときの同級生について考えていました。私の子どものときのほろ苦い思い出を聞いてください。
タイトルとURLをコピーしました