新型コロナウイルスの情報に溺れそう

コロナ

毎日新型コロナウイルスの感染症について、テレビから情報が流れてきます。どの局からも、ドンドン情報が流されて来るので、私たちにはもう十分情報があって、誰もが新型コロナウイルスの専門家になっていてもおかしくないくらいです。

恐れすぎずに情報は正しく利用したい

でも、実際に私たちはとても不安で、真実をつかむ力も弱くなってしまったようです。だから、みんなが嘘の情報に飛びついてトイレットペーパーがなくなってしまったのでしょう。

もし自分の住んでいる場所で感染した人が出て、その情報が公開されたら、自分にも感染の危険がないかどうか、考えるために役立てるべきです。自分が感染したかもしれないと思ったら、誰かに感染させないために、次にとるべき行動は変わってくるはずです(なるべく自宅で過ごそうとか、体力を温存するための生活にしようとか、いろいろとあるでしょう)。

今の私たちは、感染した人の情報を聞いて、正しく役に立てることができるでしょうか。いたずらに怖がり、パニックになるだけではないでしょうか。私の夫は感染した人の情報が放送されているのを「まるで犯人扱いだ」といっていましたが、本当なそうではないのです。犯人扱いと捉えずに、その情報を正しく役に立てることが必要です。

今、私たちは洪水のように流れてくる新型コロナウイルスの情報に、溺れそうになっています。正しい情報をつかむことも、その情報を自分の役に立てることもできなくなっています。そんな人々のために、正しい情報はこれですよ、新型コロナウイルスに感染しないためにはこうしてください、という情報番組が出て来ました。しかし、これもいろいろな局でやるから、結局私たちの気はあっちにもこっちにもそれてしまいます。

変化する情報は自分で取捨選択する

結局、私もいろいろな番組を見ていて感じたことは、昔からカゼを予防するためにいわれていることを、今もやるしかないということです。具体的には人混みにいかない、規則正しい生活をする、具合が悪いときに無理をしないなどです。これは本当に普通のことで、これができないような生活が普通ではありません(つまり日本人の大半が普通に生活できないということになってしまいます)。

大量の情報を浴びた結果が、普通に生活することなのは、何だか拍子抜けですが、忙しい今の世の中では、普通の生活は難しいことなのかもしれませんね。その上、これほど情報の多い世の中では、受け取る側が自分で取捨選択をしなければなりません。でも、私たちは情報までもったいないと思っているようで、それが誤っているかもしれなくても、捨てずにしがみついています。そして自分で自分を溺れさせてしまいます。

その上、情報は常に流動して変化していきます。今日はこれが正しい情報でも、明日は違う情報が正しくなります。古い情報にしがみついていると、溺れる上に取り残されてしまうかもしれません。

結論は普通の生活を送ること

とりあえず新型コロナウイルスについては、今のところお腹いっぱいです。普通のカゼと違って、もし感染したらとても面倒そうだし、なるべくなりたくはありませんが、世の中に絶対はあり得ません。カゼだって、生まれてから1度も引かずに人生を終わる人はそんなにいないはずです。つまり感染するときは感染してしまいます。そう考えると、これ以上予防に躍起になるのも、あまり気が進みません。

だからやはり私は普通に生活することにします。みなさんも、どうか自分をいたわって生活してくださいね。普通の生活をしよう、と考えると自然に自分に必要な情報がつかめるようになるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました