乾燥機を購入した

生活

とうとう乾燥機を購入しました。巷ではドラム式洗濯機の乾燥機能を使っている人が多いようです。我が家の洗濯機は購入してすでに12年が経っていますから、ドラム式洗濯機を購入することも考えました。

ドラム式洗濯機のネック

しかし、ドラム式洗濯機は耐久性の面で不安がありました。価格も高く、4人家族で使うサイズだと30万円ほどもすることも珍しくありません。それなのに、私の知り合いは有名メーカーのドラム式洗濯機がわずか6年で故障、買い替えを余儀なくされたと言っていました。

それならば、現在の洗濯機を引き続き使うことにして、電気乾燥機だけを買うのが一番現実的ではないかと思ったのです。ただ、電気乾燥機はかなり電気代がかかるそうです。いつもお世話になっている電気屋さんが言うには、ドラム式洗濯機の乾燥機能はエアコンと同じ仕組みなので、現在電気代はとても安く済むようになっているそうです。

通常の電気乾燥機はざっくり言うと、ヒーターの熱で乾かすため周りも暑くなるし、電気代がかさむと言うのです。それだと、ドラム式洗濯機に軍配が上がりそうですが、初期投資の高さを考えれば、電気代が高くても、電気乾燥機だけを買おうという結論になりました。

衣類乾燥機にはガス式もありますが、配管を通すために壁に穴を開ける工事が必要になりますから、この点でも、やはり電気乾燥機が良いと考えました。

電気屋さんにお願いした

洗濯機は、家電量販店で手頃な値段のものを購入しましたが、設置した人がまったくの素人だったようで、水平に設置することすらしてもらえませんでした。だから洗濯機が傾いて、ガタガタ言うため、夫がやり直したのです。

その上、数年経ってから水道と洗濯機をつなぐ水栓から水が漏れるようになりました。いろいろと調べたところ、つなぐべき水栓が間違っていたことが判明しました。

夫はやはりちゃんとした業者にやってもらった方が、後々良いのだと強く主張したため、今回は近所の電気屋さんに来てもらいました。

だから、ポイントも割引もありませんでしたが、電気乾燥機は設置する台も含めて、9万円でお釣りが来ました。ドラム式洗濯機を買うよりはかなり安く済んだことになります。

あるとやっぱり楽

乾燥機は洗濯機を使うよりはかなり簡単に使える家電だと思います。乾燥する時間が、最初はかなり長く感じますが、確実に乾くため、あれこれ考えることがありません。

洗濯物をこれから干そうというとき、今までならいろいろと考えることがありました。洗濯物を外に干した方が良いのか、部屋干しにしたら良いのか。部屋干しなら、部屋のどこに干したら良いのか。そもそも今日は予定通りのものをすべて洗っても良いのか。更に外出する用事が加わると、もっと頭を悩ませなくてはなりませんでした。

それらをすべて考えなくても良くなり、ただ乾燥機の終了のブザーを待つだけになったので、天気が悪いときでも、とても気楽になりました。

我が家では洗面所に洗濯機置場がありますが、目の前は下着やタオルを収納する引き出しです。ほとんど動かずに洗濯してたたむまでの行程が終了するようになったのは、とても嬉しいです。これで天気の悪いときの方が、洗濯が楽になりました。電気代の心配さえなければ、晴れていても乾燥機を使いたいくらいです。

乾燥機にもネックがある

とは言え、乾燥機にもネックがあります。やはり電気代がかかるということ、そして使った後のフィルターのホコリです。これは毎回おもしろいほど溜まっています。ホコリを取らないと、すぐにフィルターが目詰まりして、警告ランプがつくから気をつけてね、と電気屋さんにも念を押されてしまいました。

また、意外に乾燥機に入れては駄目な素材があるので、それも注意しなくてはいけません。私はまだすべてを把握していないので、これから失敗して縮むものが出てくるかもしれません。

でも、今まで紹介したメリットの他にも、乾いたものはゴワゴワせず柔らかいし(柔軟剤を入れなくても!)、普段は乾きにくいズボンのポケット部分までしっかりと乾きます。メリットの方が多いため、私は多少の弱点は気になりません。

これからも大切に使い続けようと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました