小銭を持っていないばかりに駐車場を出られなくなった…

駐車場で1万円札は使えない 生活

もう、今から10年も前になると思います。近所のちょっと大きな総合病院に行ったことがありました。無事に診察を終えて、何事もなくて良かったと思ったのでしたが、駐車場を出るときにやってしまいました。

病院の駐車場でにっちもさっちも行かなくなる

その病院はちょうど駐車場がすべてコインパーキングと同じ方式に変わっていたのでした。つまり、小銭を入れて駐車料金を精算しないと外に出られないわけです。前に来た時は普通の駐車場でしたから、うっかり私は病院の窓口で小銭を全部使い果たしてしまっていました。財布の中には1万円札が1枚入っているきりです。

窓口で事情を話して両替をしてもらおうと思いましたが、1度車を少し動かしてしまったため、駐車場には空車マークが出て、新たに車が入ってきてしまいました。車をもう1度駐車することも、かと言って駐車場から出すこともできず、ちょっとの間停めておく適当な場所も見つけられなかった私はどうしたら良いのかわからなくなってしまいました。

見知らぬ女性が助けてくれた

それを見ていた他の車から見ていた人がいたのでしょう。私よりもかなり年上の女性が走ってきて小銭を渡してくれました。金額は200円くらいだったと思います。しかし、そこで小銭を受け取っても、どうやって返したら良いのかがわかりません。どうしたら良いですか、と尋ねる私にその人はこう言いました。

いいから、いいから。こういう時は困っちゃうもんね。早くお家に帰りなさい。

駐車場から車を出した私は1度路上に駐車をしました。両替をして小銭を返そうと思ったのですが、そのときその女性の姿はもうどこにもありませんでした。とても申し訳ないことをしたと思いました。夫にも「どうして名前と電話番号を聞かなかったの?」と言われて、慌てていたとは言え、私ももう少ししっかりしなくては、と反省したのです。

私だけではなかった

その後ご近所さんにこの話をしたところ、そんなに気にしなくても良いのではないかと言ってもらえました。その人はデパートの駐車場で出られなくなっている車をよく見たら、知り合いが乗っていたことがあるそうです。

様子を見に行くとやはり小銭がなくて出られなくなっていたため、手持ちの千円札を1枚渡しましたが、それが返ってくるかどうかよりも、その場で立ち往生している人を救いたいという気持ちの方が大きかったそうです。

それに1台の車が立ち往生していると、他の車が迷惑を被ります。ご近所さんはその状況をなんとかしたいと思ったようです。そしてそんな話をしていたら、こんなふうに思えてきました。

私も次に同じような人を見たら、絶対に助けてあげよう。気持ち良く小銭を差し出そう。

そう思いましたが、なかなかそんな機会はなく、世の中はコロナ禍に突入してしまいました。今ではそんな人との触れ合いが懐かしく感じられます。果たして私が困った人に小銭を差し出す機会はこれからあるのでしょうか。

とにかく、私に小銭をくれた女性と、気にすることないよと励ましてくれたご近所さんには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました