ハンドタオルは孤独だと使わないものから、孤独でも使えるものになった

ハンドタオル 生活

以前こんなことを書きました。ハンドタオルが使わないまま、タンスの引き出しにたまっているから、どうしようかという内容の記事です。

娘たちの学生時代にPTAの役員をやる機会が何回かありました。そのとき、ハンドタオルをいただくことが多かったのです。葬儀の際の会葬御礼として配られたものも含めると、結構な数になりました。私自身は自分のためにハンドタオルを買ったことは一度もありません。

質も良く素敵なハンドタオルばかりでしたが、いかんせん私はどこにも出かけないため、バッグに入れておいてもちっとも出番がありません。これでは引き出し1つがハンドタオルで埋まってしまう、と思って書いた記事でした。

ハンドタオルの数を減らせた

しかし、約1年後の今、引き出しには余裕ができました。私はハンドタオルを使い、古びて汚くなったものはウェスとして使い切ることができました。これは私が急に外出をしだしたのではなく、ハンドタオルの用途を見直した結果です。

私はハンドタオルで皿を拭いたのです。もともと私は皿を拭くのに布巾を使うのが嫌いで、わざわざペーパータオルを使ってきました。布の布巾はすぐビショビショになる割に、洗濯をして干すという手間がかかります。洗濯をするまでの間、置いておくと嫌な臭いがしてくることもあります。ペーパータオルを使えば、その問題はすべて解決したのです。

今更ペーパータオル以外のものを使うのは面倒だな、と思わなかったわけではありません。しかし、キレイなハンドタオルを使わずに引き出しにためておくよりは、と試しに皿を拭くのに使ってみたのです。

実は、私はハンドタオルで皿なんか拭けないだろうと思っていました。ハンドタオルは名前の通り、手を拭くためのタオルで小さなものが多いです。試しに1枚大きさを測ってみると、25cm四方でした。ただ、吸水性は悪くないだろうし、1回の皿拭きに2枚位使えば、すべての皿が拭ききれるかな、と考えました。

実際に拭いてみると、これが結構使えるのです。私は鍋や釜など大きなものはしばらく自然乾燥させることもあって、1回の皿拭きがほとんど小さなハンドタオルで賄えることもあります。ハンドタオルだから見るだけでかわいい色や柄を楽しめるし、手触りも良くて皿拭きがほんの少しですが、楽しくなりました。

ハンドタオルで皿を拭き、わかったこととは

このことでわかったのは、私には物事を決めつける傾向があるということです。私はどこかでハンドタオルは手を拭くのにしか使えない、と決めてかかっていたのでしょう。しかし、実際にはハンドタオルは皿を拭いても使い勝手が良かったです。

私は手が小さいせいか、大きな布巾は手に余ってしまい使いにくいこともありましたが、ハンドタオルならそんなことはありません。

娘たちが小学生のころ、夏休みの工作として作った藍染のハンカチ(これは56cm四方と、結構大きいです)なんかもキッチンで手を拭くのに使っています。思ったよりもずっと使い心地が良いので驚いています。これも、薄いからずっとキッチンでは使えないと思っていたのです。

まだまだ生活のどこかに、決めつけていることがあるかもしれないので、そういうところを見つけて潰していきたいです。そうしたら、少しはスムーズに生活できるようになれるのではないかと思っています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました