キャッシュレスが進むのは、お金が汚いから?

生活

今キャッシュレス化が進んでいるそうです。ポイント還元が終わろうとしているコロナ禍の現在の方がキャッシュレスを選ぶ人が増えています。お金を手から手へ渡すことで、ウイルスに感染する恐れがあると考えられるようになったのです。

お金が汚いのは事実

あれほど日本人は現金主義でなかなかキャッシュレスを選ぶことが考えられないと言われていたのに、感染の恐れがあると知った途端に、主義を変える人がたくさん現れたのにはびっくりさせられます。

ただ、お金は天下の回りものと言われるとおり、たくさんの人の手が触れるうちに汚れていくのは事実です(使い方がおかしいですかね?)。私は独身時代に販売をしていたこともあり、お金の汚さは身にしみています。1日の終わりにレジのお金をすべて数えて、売上の計算をしましたが、これが終わると手が真っ黒になりました。臭いもあり、すぐに手を洗いたくなったのを覚えています。

この経験からお金を触った後には手を洗う習慣ができました。だから今でも料理の最中に、夫から財布にお金を入れておいてなどと言われると、とても面倒です。でも、お金を触った後には手を洗いたくなるほど汚れるわけですから、その手をそのまま口に持っていってウイルスに感染するとは、私には考えにくいです。

大切にするものが変わった

キャッシュレスにする人が増えたということは、日本人が何を大切にしているのかがよくわかる興味深い出来事だと思います。

今まで日本人は現金によるわかりやすさや確実性(現金ならその場で取引が終わりになる確実性があります)を大切にしてきましたが、コロナ禍に突入して、それよりも大切なものが出てきたのでしょう。それはコロナに感染しないこと、なのです。

メリットとデメリットがあるけど

私はまだクレジットカードしか持っていませんが、キャッシュレス決済をすると自分のお金が減るまでに時間差があるのが馴染めません。家計簿に記入をしていても、引き落としの連絡があるたびに、何に使ったのかと戸惑っています。

店舗の方にも、売上がすぐに反映されないなどのデメリットがあるそうです。だから、緊急事態宣言のときに多くの飲食店が現金売でテイクアウトのお弁当などを販売していたのです。

ただ、メリットもたくさんあるはずです。私個人なら、財布が要らなくなる、手が汚れないなどです。最近新しく財布を買いたいと、あれこれ悩んでいましたが、スマホ1つあればそんな悩みはなくなるのかもしれません。また、わざわざ手数料をかけて生活費をおろすという手間はなくなります。

店舗では釣り銭の用意が要らなくなるし、店内に現金がある緊張感もなくなるので防犯対策としても有効かもしれません。

これからどうなるのか?

これから我が家にもキャッシュレス化の波が押し寄せるのでしょうか。夫はかなり抵抗しそうで、今から心配ですが、なるようにしかなりません。コロナのせいで生活が変わるのはなんだかしゃくに障りますが、これは時代の流れで仕方のないことなのかもしれません。

キャッシュレスにもメリットとデメリットの両方があるように、これから先の生活にも悪いことだけということはないと思っています。将来歴史の教科書に今の時代のことはどのように載るのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました