ドコモ口座

生活

いろいろな人のブログを読んでいますが、ドコモ口座への不正送金が心配で残高照会をしてきたという人がいました。私もゆうちょ銀行を使っているので、心配で行ってきました。

被害にあっても取り合ってもらえなかったら

ドコモ口座を開設していなくても、ドコモの携帯を使っていなくても、預金を勝手に引き出されてしまった人がいるそうなので、他人事ではありません。

新聞には、覚えのない引き落としがされているにも関わらず、銀行やドコモに申し出てもなかなか動いてもらえないだけでなく、そちらに落ち度があるのではないかと言わんばかりの対応をされたという記事が掲載されていて、余計に胸が傷みました。

必死に訴えても誰からも相手にされない辛さは確かにあります。以前、我が家にゴキブリが毎日のように出没して、私は一生懸命に原因を探りました。

そしてキッチンのシンク下の収納の中にたくさん発生していることを突き止めました。そこが湿気でいっぱいになっていることも、おかしいと思いました(シンク下は多少湿気があることは知っていましたが、中の塗装がハゲかけているのを見ておかしいと思ったのです)。

自分で除湿剤などを置いているうちに、周りの床まで水分で変色してきましたが(新築してから5年しか経っていませんでした)、誰に相談しても(ハウスメーカー、工務店、夫)みな取り合ってくれず、私の気のせいだとか、ちゃんと鍋やフライパンを拭かないでしまったのだろう、などと言ったのです。

そのときの嫌な気持ちは今でも忘れられません。

結局、ハウスメーカーの中に1人だけ、自分もこの状態はおかしいと思うと言ってくれた人がいたので、もう1度詳しく調べたところ、水道管の接続があまくて、ほんの少しの隙間から水が滲み出ていることが発見されました。

1日に出る水はほんの少しでも、月日を重ねることで被害が大きくなったのです。私の気のせいでないことが証明されたことと、私の言葉に正面から向き合ってもらったことがとても嬉しかったです。

なぜ取り合ってもらえなかったのか

ドコモ口座も表面上は銀行口座の持ち主が開設したことになっていたのでしょう(そうでなければ大問題です)。自分で開設した口座に自分のお金を送金したのだから、なんの文句を言うことがあるのかという理屈が銀行側にはあったのかもしれません。

訴える側も口座を開設したという証明はできても、開設していないという証明は難しいです。だから、押し問答になってしまったのかもしれません。

しかし、銀行側に取り合ってもらえなかったと言っている女性の口座は、普通預金の残高が0になっても、定期預金があるとそれを担保にしてお金が引き出せるタイプでした。下手をしたら借金の金利まで払えと催促されかねません。

自分が被害にあったと思ったときに、すぐにそれを訴えられなければ私たちは安心して暮らせません。それがたとえ取り越し苦労だったとしても、真摯に向き合ってくれる人がプロ(私の場合はハウスメーカーだし、今回の場合は銀行です)には必要なのではないでしょうか。

もしかして逆襲されてる?

ドコモ口座のことは私も使ったことがないので、よくわかりません。使わないからわからないで構わないと思っていましたが、それでは済まない世の中になっているのでしょうか。

このご時世、銀行に出かけなくても簡単に送金ができるのはありがたいシステムです。

ネットバンクだとハードルが高いですが、ドコモ口座はドコモの携帯電話を使っていない人でも、メールアドレスさえあれば口座がすぐに開設できて、すでに自分が使っている銀行口座と紐付けして使えます。これなら私でもできそうですから、喜んだ人は多かったはずです。

しかも買い物に使えば、ポイントがたまります。私も今回のようなことがなかったら、便利で良いなと思っていたかもしれません。しかし、簡単に開設できることでセキュリティが甘くなって、犯罪の道具になってしまいました。

何だか便利でお得で簡単ということに、私たちは踊らされていたのかもしれません。そして手痛い逆襲を受けたような気がします。昔はタンス預金が危ないから銀行に預けのだと教わりましたが、今や家のタンスの方が安全かもしれないと考えてしまいます。

お金の保証も大切ですが、それよりも先に、困ったときに相談できるプロをぜひ用意しておいて欲しいものです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました