おが屑と掃除の話

健康

ちょっと前に、ネコの嘔吐物を掃除するのにトイレットペーパーを使うかティッシュペーパーを使うか悩むという内容のブログ記事がありました。「どうでもいいけど、どうでもよくない

吐くと後始末が大変

ネコを飼ったことがないのでよくわかりませんが、小学生くらいの人間の子どもよりも嘔吐物の量は少ないような気がします。するとティッシュペーパーで最初にあらかた嘔吐物を取り除いてから、しっかり雑巾がけをするのが良いような気がしました。

トイレットペーパーは水に流せるので便利な気がしますが、何分水分に弱そうなので、嘔吐物の掃除には少し頼りないように思いました。ところで人間の子どもですが大きくなってくると嘔吐物の量が飛躍的に多くなり、掃除がとても大変になります。

下手にそばにあったタオルなどを使ってしまうと、洗濯も大変です。嘔吐物はサラサラしていないので、手でもみ洗いをしてもなかなかキレイにできないのです。

一度誰にともなく、大変だな~、とぼやいていたことがありました(確か次女の具合が悪くて吐いたのだったと思います)。まだ娘たちが小学生だったときのことです。

小学校の画期的な方法

すると長女が学校で誰かが吐くと、保健委員がおが屑を持ってきて嘔吐物の上にかけるというのです(現在はどうだかわかりません。このご時世ですし、感染防止の点から、子どもがやっているのかちょっと疑問です)。するとおが屑がすべてを吸い取って、後はおが屑をまとめて捨てるだけだそうです。

嘔吐物の後はほとんどキレイになっていて、雑巾をかけるのも楽だと言っていました。子どもにも簡単に後始末ができるのだそうです。

ゆみこねこ
ゆみこねこ

普通はおが屑なんて、そんなにたくさんないよね?

私がそう聞くと、長女はおが屑をわざわざ養護の先生が近所の木工所からもらってきて、いつも専用の容器に入れて保管しているのだと教えてくれました。

後始末が簡単だと、吐いたからと言ってどうということもないようで、誰も何も言わないとも長女は言っていました。私が子どもの頃、吐いた人は後々まで「あの子、吐いちゃったんだよ」などと言われていて気の毒でしたが、片付けが簡単にできるなら、たとえ吐いたとしても、それほど心に残らないでしょう。心に残らなければ、誰も何も言わなくなるかもしれません。

私は実行しなかったけど

すごく感心したので、あれから10年以上経った今も覚えているのですが、結局自分は実行する機会がありませんでした。やはりおが屑を大量に手に入れるのは難しかったです。

基本は水分を取り除くことだと思い、新聞紙で代用してみましたが、嘔吐物はただ水分が多いというだけのものではないので、新聞紙だとイマイチでした。そのうちに娘たちは成長し、誰も吐かなくなりました。

今、ネットで検索してみると、おが屑がたくさん売られていました。嘔吐物だけでなく、油の処理などにも良いそうです。何よりも薬品ではないので、安全に使えるところが良いと思います。嘔吐物に触らずに処理できるので、感染防止の面からも助かります。

今から考えると、私はめちゃくちゃ嘔吐物に触っていたと思います。よく娘たちの胃腸炎などが感染しなかったものです。すぐに誰かの役に立つ話ではありませんが、どんなことにも思いもよらぬ解決方法があることをお伝えできれば、と思って記事にしました。

すでにご存知だったら、すみません…

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました