飲みに行った夫がすぐに帰ってきた

夫が、近所に住む友人2人と飲みに行くと言って出かけて来ました。このご時世、なかなか飲みに行けなかったので、私も別に反対はしません。と言うよりも、たまに出かけてもらった方が、楽ができるので歓迎するくらいです。

行ったと思ったらすぐに帰ってきた訳は?

しかし、夫は夜9時過ぎには帰ってきてしまいました。緊急事態宣言が開けたとは言え、我が家の近辺で酒を提供する店は、どこも9時に閉店、看板の明かりまで落としてしまう徹底ぶりだったそうです。

もともと我が家のある地域の明かりは飲食店とコンビニエンスストアくらいでしたから、それがすべて9時には閉店してしまうのでは、より一層辺りが暗くなるのだろうな~、と感じました。

以前白髪染めをしてもらいに床屋さんに行ったとき、ご主人が「飲食店が閉まってしまうと、本当にここら辺は暗いんですよ」と言っていましたが、やっとそれが私にも実感できました。

我が家のある地域に日常はまだ帰ってこない

テレビでは街が少しずつ賑わいを取り戻して、かつての日常が帰ってきているという報道がたくさん流れているため、ついその気になっていましたが、それは都心での話だったようです。

考えてみれば、我が家がある地方都市のそのまた片隅にある飲食店では、無理をして営業するよりも、休んでいた方が傷が浅く済むのかもしれません。ただ、これでは日本の隅々まで日常が戻ってくるのは当分先の話になりそうです。

結局、夫は不完全燃焼だったらしく、夜10時近いのに飲み直しを始めてしまいました。外で飲んで、家でも普段と同じだけ飲んだのですから、体にも家計にも悪影響を与えそうな日になってしまいました。

夫は1人で飲んで、1人でテレビを見て文句を言っていました。やはり同じ酒飲み同士でワイワイしながら飲みたいんだろうな~、と思わずにはいられませんでした。

私は、そんな人たちの代わりはできませんから、「まだ、寝ないでよ~」と言っている夫を見捨ててサッサと寝てしまったのですが、少々気の毒だったでしょうか。

今はただ、夫婦お互いのために、早くコロナが収束して日常生活が戻ってくることを願うだけです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました