几帳面な人は気になる?ペットボトルの輪っかをどうするのか問題が20年経って解決?

生活

今から20年ほどまえのことだったと思います。我が家が住んでいる市でもペットボトルを分別してから収集するようになりました。多分それまでは燃えるゴミに一緒に出していたのだと思います。

そんなときに法事か何かで近隣の親戚が集まることがあって、片付けをしていたときに親戚の男性の1人がこんなことを言い出したのです。当時、男性は60代前半だったと思います。

男性の言っていることは正しかったが…

(ペットボトルの)キャップとラベルは別にしろって言うけどさ~、呑み口のところの輪っかはどうするんだよ。これだってプラスチックだぜ。分別しないといけないんじゃないかぁ?

確かにそれまで燃えるゴミに出していたときは、そのままゴミ袋に入れれば良かったのに、分別収集が始まってからはラベルを剥げだの、キャップは入れるなだのとうるさいことを言うようになったのです。現在は当然のことですが、当時はまだそのままポイッと捨てていたときの記憶があったのでみんな面倒に感じていたと思います。

その場には男性の妻がいて、その言葉を聞いていたため、返事をせざるを得なくなりました。

でも、これは取りにくいからいいんじゃない?広報にも取れとは書いていなかったし。下手するとケガをしちゃうわよ。

すると男性はイライラとした様子で言ったのです。それは呑み口の輪っかは分別に関係ないというなら、キャップだってラベルだって関係ないはずだ。輪っかは市の職員が外しているのかもしれないが、それならキャップもラベルも職員が外せば良い、いたずらに市民に負担を強いるな、という内容でした。

男性の言っていることは決して間違いではありません。しかし、大勢の親戚が集まっている中でわざわざ自分の妻に大きな声で言うべきことだったのでしょうか。みんなは早く後片付けを終わらせて帰りたいと思っていたはずです。今考えても、ペットボトルの輪っか(手では外せないですから…)まで外さなくてはならないのは、ゴメンだという気持ちがアリアリと出ていたような気がします。

今やっとスッキリした

20年経った今でも、そのときのことを思い出すとイラッとした気持ちが蘇ってきます。そして男性の妻の表面上は穏やかにしているのに、内心はとても困っている様子も浮かんできます。

現在私はペットボトルを市の収集に出すことはほとんどなくなりました。いつも行くスーパーの回収箱に入れています。そこはラベルは剥がさないといけませんが、キャップは付いたまま出して良いということです。いつも出すときにラクで良いけどと思う一方で、あのときの男性の言葉を思い出してモヤモヤしていました(だから20年も覚えているのでしょう)。

そんなときに、たまたま「マシンガンズ滝沢」さんのツイートが話題になっているのを知ったのです。ペットボトルを捨てるときに輪っかは取らなくても大丈夫との内容でした。輪っかくらいならリサイクルにも影響ないということです。自分でもこれくらいは大丈夫だろうと思っていたため、専門の方(本当は芸人さんだそうです)に大丈夫だと言っていただけてスッキリしたし、嬉しかったです。

まあ、本当にリングを取って欲しかったら、自治体も何らかの形で発信すると思うので、そんなに深読みする必要はないのかもしれませんね。それにしても、モヤモヤはいつどんな形で解消するのかわからないです。こんな形でスッキリすることもあるんだな~、と嬉しいのと同時にびっくりしています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました