ブログを読んで、いくつになってもお母さんはいいなと思う

ブログ好き

かんこさんという私より少し年上の方のブログを読んでいて、幼いときのことを思い出しました。

かんこさんの娘さんが、霊感の強い方から邪気を感じる、それには実家も関係していると言われたそうです。実家の水が溜まった場所が悪影響を及ぼしていると言われたため、かんこさんが家の睡蓮鉢をわざわざ処分したのです。

かんこさんの姿に温かな気持ちになった

娘さんのために、一生懸命悪いことを取り除こうとしているかんこさんの姿は、私の心も温めてくれました。

私は幼いとき、不幸の手紙というのを受け取ったことがあります。我が家に手紙が来た、と嬉しく思っていたら、それが不幸の手紙で、〇〇人の人に同じ内容の手紙を出さないと、あなたの家に不幸が訪れます、と書かれていました。

中には亡くなった人もいると書かれており、私はすぐに手紙を出さないといけないと思い、母に早く手紙を写そうと言いました。母は怒って手紙を掴み、庭で燃やしたのです。

私の目の前で母は手紙を火にくべて灰になるまで燃やし、その後を何度も何度も踏みつけて、私にこう言いました。

これで大丈夫だよ。こうしておけば、もう不幸なんて来ないから。
こんなイタズラに騙されちゃ駄目だよ。ウチで手紙を出したら、また誰かが嫌な思いをするんだからね。

これで私は納得して、手紙のことは考えなくなりました。娘を安心させよう、守ってあげようという思いは私の母もかんこさんも同じだと思います。

対処法まで言って欲しい

しかし、家の敷地内に淀んだ水があると、本当に邪気を生じるのでしょうか。淀んだ水は、確かにあまり良いものではないでしょう。淀んだ水にはボウフラが湧き、蚊が大量発生する原因になるため、私もない方が良いと思いますが、邪気と言われると、言われた方は様々なことを考えてしまいますし、話も大きくなってしまうでしょう。

特に何か変わったことがあったときは、心が弱っています。私は父が病気で倒れたとき、自宅にある宗教関係の人が訪ねてきたことがありました。そのときにこんなことを言われました。

この家には、良くない気が漂っています。誰か病気になった人が要るのではないですか?
私たちなら、この家を良くするお手伝いができますよ。

父は入院中、母は病院に通っていたため、私が玄関で応対しましたが、心がグラグラしてその人に頼りたいと思っているのが自分でもわかりました。何か難しいことがあると、人は自分よりもしっかりとした人に導いて欲しい、支えて欲しいと思ってしまうものなのでしょうか。

きっとその人は誰か近所の人から情報を得ていたに違いありません。当時中学生になっていた私にもそれはわかりましたから、無事にその人にはお帰りいただくことができましたが、自分の心が揺れてしまったことはショックでした。

心が弱っているときには、このようにほんのちょっとしたことに心が揺らぎ、思ってもみない方向に行ってしまうことがあると思います。もし、本当に霊感が強い人がいるなら、言葉を選んで言って欲しいし、対処法まで一緒に考えるくらいの気持ちを持って欲しいな、と思いました。

あれ?我が家もヤバいの?

そもそも睡蓮鉢にはメダカがいたようですから、ボウフラも湧きようがないでしょう(メダカが食べてくれるからです)。睡蓮鉢には害がないような気がします。

我が家も霊感が強い人(やはり娘の知り合いです)に言わせると、あまり良い雰囲気ではないそうですが、無事にみんな生きています。それとも、我が家も何か気をつけた方が良いのかな~。使っていない井戸とか、理由のわからない石碑や祠もあるんですよ。睡蓮鉢どころではありません。

無事に邪気が払われたのかも気になりますから、これからも楽しみにブログを読ませていただこうと思っています。登場する愛犬の姿もとてもかわいいです(コロ助さんとあずきちゃん)。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました