もともとないのに更に断捨離

生活

今日は資源ごみの日だったので、思い切ってもう着ない服を捨てました。と言っても、私の服の量はもともと少ないので、スーパーバッグ1つ分を捨てただけです。買ったは良いけど着なかった服には、私なりの理由があるので紹介します。

私が住んでいる地域では布製品を資源ごみに出すと、ウエスなどにして再利用するそうなので(良いものはそのまま販売もするらしい)、燃えるごみとして出すよりは良いのではないかと思います。

ポロシャツ

まず、ポロシャツはPTAの役員をしていたときに、Tシャツよりはきちんとして見えるのではないか、と思って買いました。しかし、私がポロシャツを着て、首からネームプレート(今はどこの学校でも保護者はこれをつけるのが義務ですよね)を下げていると、どこかの職員のようになってしまいます。

ちっとも私服に見えません。その上、Tシャツに比べると襟が付いている分、ポロシャツは暑いし、肩がこるような気がして、役員をしているときからあまり着ませんでした。役員が終わるとなおさら着なくなり、しまい込んでしまいました。

私的にはちっとも傷んでいないので、捨てるに忍びないと思っていましたが、最後に役員をやったのは、今から10年前のことです。その間1度くらいは着たでしょうか(それも捨てるのがもったいないから、着なくちゃ、と思って着たのです)。このままだと私が死んでも、ポロシャツはそのまま存在することになるので、この辺で処分することに決めました。

首の詰まったTシャツ

数年前に近所のユニクロで、キレイな淡いオレンジ色のTシャツを買いました。首元が開きすぎていると、洗濯した後でだらしなく見えることもあるので、少々詰まっているタイプを買ってみたら、詰まりすぎていました。

着ると何だか首が苦しいような気がします。私は決してたくましいタイプではなく、標準的な中年女性ですが、苦しいのです。首が詰まっているだけではなく、そのTシャツは生地がとてもしっかりしていて、固いとすら感じました。着心地が良くないし、着ていると暑かったです。

あまり着ないから、何年立ってもTシャツはくたびれません。くたびれないから捨てられないとやはり何回も年を越しましたが、もう諦めました。色は本当に気に入っていましたが、着ないのでは仕方がありません。

手作りニット

私が中学生の頃、母が作ってくれたサマーニット。クリーム色で胸の当たりに小さな透かし模様が入っていました。どこも傷んでいないし、せっかく作ってもらったし、母が亡くなったら形見になったし、といろいろな理由でなんと44年間も持ち続けていましたが、やはりほとんど着ませんでした。

サマーニットなのに、生地が分厚いのです。そして固い…。今日捨てる前にもう一度着てみましたが、これからこれを愛用するとはどうしても思えなかったので、処分しました。

私は幼いころから母の手作りニットを着せられてきましたが、すっかりニット嫌いになりました。手作りのものはどうしても重くて、固くなりがちで、着心地が良くないように思います。

母の名誉のために言っておくと、母は独学ではなく通信講座かなにかで指導を受けながら編み物を学びました。家には編み機もあって、そんなに腕は悪くなかったと思います。

半袖ニット

カーディガンとセットで購入したミントグリーンの半袖ニット。カーディガンの方は気に入って、着倒したため、すっかり伸び切って、すでに処分してしまいました。

半袖ニットはカーディガンとセットで着ると可愛い、と思いましたが、やはり冬は長袖を着たくなります。暖かな季節なら、ニットではなくてTシャツの方が着心地が良いため、半袖ニットは完全に出番をなくしてしまいました。

この10年で着たのは2~3度です。もう一度最後に着てみようかという気持ちにもならなかったため、処分しました。

敗者復活戦したもの

絶対処分しようと思っていましたが、最後に着てみて捨てるのを思いとどまったものがあります。母が作ってくれたリラコ(ステテコ)のようなものです。余り布で作ってあったため、一面ひまわりの花柄ですが、履いてみると風通しが良くて、夏が楽しみになるような気がしました。

花柄にビビって履かなかった自分が馬鹿みたいでした。家の中で着るものだから、とりあえず着てみて、心から母にお礼を言えば良かったです。

最終的には断捨離するしかない

ずっと持っているのに着ない服というのは、それを見るたびにお金と保管場所の無駄遣いを痛感せずにはいられません。母からもらったものについては、母の心まで無駄にしているようで心苦しかったです。

でも、人間には合う合わないがどんなものにでもありますから、もし合わないものなら早めに処分してしまった方が心苦しい思いをしないだけ「まし」というものです。家族の中では私が一番身体が小さいため、誰かに着てもらうわけにもいかないので、これも仕方がないことだと思っています。

誰かからもらうものをコントロールすることはできませんが、せめて自分で買うものは吟味して無駄をなくしていきたいと思っています。断捨離をした理由を考えれば、これからの買い物に役に立つような気がします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました