始まりますね、オリンピック(私はちょっと苦手)

生活

オリンピックが近づいてきて、テレビの進行にも変化が出てきました。毎週見ている大河ドラマも8月15日までお休みだそうです。本当だったら、楽しみにしている人が多いはずですが、私はもともとスポーツは苦手で、観戦もしないのでオリンピックは楽しみではないのです。

普段のテレビ番組の方が好き

それどころか1カ月近くもテレビ番組がオリンピック1色になってしまうので、いつも食傷気味でした。もちろん、日本の選手が頑張っていれば、すごいな~と思うし、メダルをとったら嬉しいと思います。しかし、テレビではオリンピック以外の話題にも触れたいし、普段見ているドラマを変わらずに見たいと思います。

私はニュースもワイドショーもバラエティも、すべてが私たちにこんなことを言っているような気がするのです。「みんなオリンピックのことが知りたいよね?名場面が見たいよね?じゃあ見せてあげるよ」

日本国民全員がオリンピックが大好きで、ずっと応援したいわけではないはずです。私はできれば、他に選択肢を残しておいて欲しいと思っています。

復興五輪って言っていなかったっけ?

そもそも今回のオリンピックが東京で開催されることになったときから、私は少し疑問を感じていました。「復興五輪」という名目でしたが、東日本大震災からの復興ということを考えるなら、オリンピックに大金をつぎ込むのではなく、もっと他にできることがあるのではないかと思ったからです。

オリンピックの誘致が決まったとき、まだ被災地には生活の再建ができていなかった人が大勢いたはずです。オリンピックのお祭りムード、浮かれた雰囲気はその人たちを置いてきぼりにすることにならないのか、と思われてなりませんでした。

それに本当の復興五輪だったら、開催地は東京でなくても良かったはずです。と言うか、東京でない方がふさわしかったでしょう。

コロナはどうした?

そして誘致をしたときには想像もしていなかった感染症が世界中に蔓延するようになりました。もちろんオリンピックは中止か再延期になるのだろうと思っていたら、今年は開催されるということです。

東京には緊急事態宣言が出されていて、多くの国民が不安な生活を強いられています。不要不急の外出は避けろと言われ、大勢の人が集うイベントは次々と中止されています。オリンピックだけがなぜ特別扱いで開催されるのか、多くの人は疑問を通り越して、怒りを覚えているに違いありません。

ちょっと仕事の帰りに一杯やっていきたい人は非難されるのに、オリンピックは許されるのはどう考えてもおかしいです。こんな無理を通そうとするから、人々は自粛疲れと称して、外をうろつきまわるようになり、路上で酒を飲んだりするのです(実際に私はやりませんが、心情的には理解できます)。

無事に終わって欲しい

こうなったら、今年は声を大にして言いたいです。

オリンピック、早く終わって欲しい!

オリンピック、パラリンピックが終われば、私の心も落ち着くかもしれません。両方終わる頃には、夏も盛りを過ぎるだろうなと考えると、何だか待ち遠しいような気がします。

しかし、連日の猛暑です。選手の皆さんはコロナ対策だけでなく、熱中症対策も万全にして無事に日本の夏を乗り切って欲しいです。日本に来たことが、悪い思い出にならないことを願うばかりです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました