ポイントのもとは自分のお金

生活

一番近くのスーパーに一番頻繁に行きます。同じ敷地内にドラッグストアもあるので、買い物は大抵その2つで済ませます。だから両方の店のポイントカードを持っています。その2つにしか行かないので、ポイントがドンドン貯まります。

ポイントが貯まるのは出費の証?

特にスーパーの方は、500ポイントで500円分の金券が出るので、得をした気分になって、最初のうちはうれしかったです。でも、10年以上もたつと、段々と疑問が出て来るようになりました。

ポイントがドンドン貯まるということは、それだけ自分がそこで買い物をした証拠です。節約とは出費を減らすことだとしたら、それに伴い、ポイントも貯まらないわけです。ポイントが貯まることを素直に喜んでいてもよいのでしょうか。

ポイントが縛りになる?

ポイントは、ほかの店では買い物をしにくくなる縛りにもなっているように思います。どこのお店でも今はポイントカードを取り入れていますが、ポイントが分散するのが嫌なら、1つの店で買い物をするのが一番よい方法です。たまにいつもと違うスーパーで、ポイントカードなしで買い物をすると、損をした気分になってしまいます。

それに「ポイントカードをお持ちですか」というやり取りをしなくてはいけないのも、店員と客の両方にとって、ムダなことに感じられます。私はそのやり取りをするのが嫌で、結局いつものスーパーに行くことがよくあります。

お店にとっても、これはチャンスを逃していることになります。店がそれぞれポイントカードで囲い込んで、固定客を作っているということは、新しい客が増えないということです。店にはポイントカードだけでなく、もっと別のサービスがあってもよいかもしれません。

ポイント2倍の日には、買い物したくない!

また、これもサービスの一環でしょうが、ポイントが2倍や3倍になる日があるのも、私にとっては憂うつです。確かに自分が買った分よりも多くのポイントを付与してくれれば、得をしたことになりますが、そのためにスーパーは大混雑で、駐車場に車を入れるのも一苦労です。レジは長蛇の列になり、かなり人間的に練れていないと買い物もできないということになるのです。

私が普段買い物をしているスーパーは100円で1ポイント付与されます。塵も積もれば山となる、ということわざを軽視するわけではありませんが、このポイントが2倍や3倍になるからといって、駐車場やレジで長時間を過ごさなくてはならないとしたら、得なのか損なのかわからなくなってきます。だって時は金なりということわざもありますから。

私のポイントとの付き合い方

結局、私はたまに別のスーパーでは、ポイントカードはなしで買い物をしています。「お作りしますか」と声をかけられても、カードは増やしません。本当に必要なものを買うなら、そしてそれが切羽詰まっているなら、誰でもポイントに関係なく買うでしょう。それくらいの気持ちで買い物をしようと思っています。

そしてポイントが貯まるというのは、自分が買い物をした結果、出費の証だということを忘れないようにしたいです。私にとっては、CMで「その場で現金値引きが一番だよ」といっているちびまる子ちゃんはある意味大変正しいのです。

ポイントカードが増えると、使い分けも大変です。レジでその店のカードを出そうとして焦ってしまった経験があるのは、私だけではないはずです。ポイントと距離を置くと、心も財布も軽やかになるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました