橋本聖子さんが新会長になった件

生活

橋本聖子さんが東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長になりました。森さんが女性蔑視発言のために会長を辞任したためですが、私は橋本聖子さんのセクハラ疑惑の件はテレビであまり触れられていないのが不思議でした。

とにかく会長を早く決めたかった?

ちょっとした疑惑には目をつぶって、早く新しい会長を擁立しないと、もう東京五輪に間に合わないと言うことなのかもしれません。

我が家の夫はしつこく、男がやったことは声高に避難して、女がやったことはお咎めなしなのか!(今回のことに限って言うなら、森さんと橋本さんを比べた場合、明らかに森さんは具体的なことはしていないですね)と騒いでいましたが、同じようなことをブログに書いていらっしゃる方が何人かいましたから、ちゃんとみんな疑問を感じていたのでしょう。

不思議な人事

私はもともとオリンピックには興味がないので、組織委員会の会長が誰でも構わないと思っていましたが、ジェンダー問題で辞任をする羽目に陥った森さんの後任に、セクハラ問題を起こしてしまった橋本さんを起用するのは不思議な人事だな、と思わざるを得ませんでした。

橋本さん本人も、最初は会長をやりたくないと言っていたそうですが、これはやれば必ず過去の黒歴史に触れないわけにはいかないから、というのが理由なのかもしれないと思いました(記者会見でも苦しそうでしたね)。

橋本さんを政界に招いたのは森さんで、橋本さんの政界での活躍の影には森さんの力があったと言います。結局森さんのやり方を継承するために、橋本さんは選ばれたのかもしれません。そう考えると、やりたくなくてもやらなくてはならないという橋本さんの気持ちもわかるような気がします。

ジェンダー問題はこれからの問題

この件で、日本ではまだまだジェンダー問題よりも、古くからの伝統を引き継いで行くのが大切なのだとわかりました。

東京五輪・パラリンピックについてだけ言えば、もう間に合わないというのが本音でしょうから、よくわかっている森さんの力を借りるパイプを残しておきたい、という気持ちもわかるような気がします。

会長が交代しても、実質何も変わらないということを、国民がみんな理解するべきです。会長は男性から女性に変わったように見えますが、きっと中身は森さんのままで変わっていません。ジェンダー問題も、このまま進展することはないように思えます。

ジェンダーの問題については、また改めて改善ができるようなシステムを作らないといけないと思います。会長が女性になったというだけでは、何も解決しないことを私たちは見逃してはいけないのです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました