初夏のホームセンターで一人疲れる・このままでは将来歩けなくなると怖くなったが…

季節の花 健康

昨日は夫が休みだったのでホームセンターの園芸コーナーへ行きました。春に楽しんだビオラやマーガレットがそろそろ終わりに近づき、次の花が欲しくなったようです。

平日にもかかわらず園芸コーナーにはたくさんの中高年が…。皆強い意志を持って苗を選んでいるようです。夫は色々見ているうちに、どれが良いかわからなくなったのでしょう。別の園芸店に行くと言い出しました。

疲れているのは私だけ?

ホームセンターでも園芸店でも、苗を置いてある場所は日当たりが良いです。昨日は太陽の光が強く、頭の頂点がジリジリと痛くなるような暑さでした。私は暑さと疲れで歩くのも面倒になってしまいましたが、周りを見ても疲れた様子の人などいません。

嫌でも自分の体力のなさを感じざるを得ませんでした。家にこもりがちではあるけれど、家事は以前と同じようにこなしているから、運動不足と言っても大したことはないと思っていましたが、これは自分で自分に言い訳をしているようなものだったのでしょう。

実際に夫は家に帰ってからも、ずっと外で作業をしていましたが、私は疲れてゴロゴロ・ダラダラとしていたのです。このまま行くと私はどうなるのか、ちょっと怖くなりました。

私も歩けなくなる?

これには先日読んだブログ記事も関係しているかもしれません。

相当意識していないと遅かれ早かれ人間は歩けなくなると言う内容です。ブログを書いている春子さんのお母さんも、着実に寝たきりに近づいています。

この意識して歩く、筋トレするのがどうも私にはできません。つい用事もないのに歩けるか、と思ってしまいます。大体我が家の周りには高齢者がたくさんいます(ちょっと若い人は仕事に出かけている)。家にいる人間の中で私は若手なのです。

かつて(15~6年前)は私も健康のためにと散歩をしていたことがありましたが、出かけるたびに「あら、どこへ行くの?」「お散歩?」と声をかけられることが多かったです。そうして「健康のために」などと言おうものなら「まだ若いんだから大丈夫よ~」などと言われます。

そのうち、それらの受け答えが面倒になって散歩には出かけなくなりました。ちょうど同じ時期に股関節を痛めたのも、散歩をやめる良い理由になったのです。一度出かけなくなると、本当に理由もなく歩くのが面倒になってしまい、今に至っています。

シルバーカーを使っていた祖母は…

家にいる限りは別に何の不都合もありませんが、ちょっと買い物に出ただけで疲れてしまう状況を放っておいても良いのでしょうか。先程のブログの春子さんの言う通り、私も近い将来シルバーカーを押さないと歩けなくなってしまうかもしれません。

自分でもそう感じたからこそ、私は怖いと思ったのでしょう。

シルバーカーが別に悪いわけではありませんが、それを使わないと歩けないのはやはり不便だと思います。春子さんもシルバーカーを使うと両手が塞がるから、どうしても他者の助けが必要になると言っていますが、まさにその通りだと思います。

夫の祖母も一時シルバーカーを使っていましたが、坂道を下るときはどうしても加速してしまうため、怖いと言っていました。そのうちシルバーカーを使うのを諦めた祖母は家から出なくなり、一層動けなくなりました。

私は今、家にいながらにして、何とか運動量を増やす方法を考えるべきでしょう。洗濯物を干すついでにちょっと歩くなどを積み重ねて、運動量が増えないかな~と考えていますが、どうでしょうか。

私は骨粗しょう症でもあり、医師から「毎日10分でも15分でも良いので、散歩をしてください」と言われています。運動量を増やすのは緊急の課題でもあるわけですが…もしかすると断酒よりも難しいかもしれません。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました