心が折れそうになるとき

健康

年を重ねると我慢強くなる人もいるのでしょうか。私の場合はほんの少しのことに我慢ができずに心が折れそうになることが増えたようです。

大したことじゃないけれど

歯の詰め物が治療後3カ月で取れてしまったとき(それも初めてではありません)、『まただ!』と思ったらもう我慢ができないような気になりました。もう嫌だ、このまま放っておけと思ってしまったのです。歯に穴があいたままだって、何とか生きていけると思いました。

結局、いつまでもそのままではせっかく治療した歯がまた虫歯になってしまうかもしれないし、そうでなくても削ったところがむき出しでは歯が欠けてしまうかもしれません。私は考え直して1週間ほどで歯医者に電話を入れました。

混んでいる歯医者でしたが例外的に早く診てもらうことができました。でも、遅かったようで歯はすでに欠けていて、もう1度削り直して詰め物を作るしかありませんでした。このときも多少、思いました。

ゆみこねこ
ゆみこねこ

一体いつまで歯を削らないといけないんだ!もう嫌だよ。

ちゃんと歯磨きしているつもりだけど

せっかく出向いた歯医者ですから、ちゃんと治療はしてもらいました。でも、そのときにどこを治療したかということを記入した用紙をもらい、そこに書いてあることを読んで、また心が折れそうになってしまいました。

そこには歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスを使って丁寧に歯磨きをしましょう、と書かれていたのです。私は毎日デンタルフロスも使っていますし、歯磨きをしない日はありません。

歯医者にも定期的に通ってクリーニングもするようにしています。それなのに行く度に歯磨きをちゃんとしましょう、歯が汚れていますと言われるのです。

それは小さなことで、私が気にし過ぎなのかもしれません。歯医者に来る人はみんなちゃんと歯磨きをするように言われるのかもしれません。

でも、私の歯は明らかに以前よりも着色汚れがつきやすくなったようです。私はいくらやってもゴールがなくて、状態も少しずつ悪くなっていると、心が折れそうになってしまいます。

みんなも同じ気持ち?

近所に住んでいる私と同い年の女性は、ドライアイの治療が終わらないことで心が折れてしまったそうです。

いくら治療しても終わりがないため、自分が医者からダメだと言われているような気になったということです。

歯や目の不調は、自分のメンテナンスだと考えて四の五の言わずに解消するべきなのでしょう。

それがこれからも快適に生活するために必要なことだと思います。でも、これからこんな通院がドンドン増えると考えるとどうしても気が重いです。

こんな生き方はどうだ?

以前新聞の投書欄に、80代の女性のこんな意見が載っていました。

いつまで生きられるかわからないけど、とにかく命に期限があることがわかる年齢になった。だから命に関わることでない限りは、長い時間を通院に費やすのがもったいなくなった。

大まかには上記のような内容だったと思います。この女性は多少の不愉快は我慢するので、通院しないこと、薬を服用しないことを勘弁して欲しいとご自分の家族に訴えていました。通院に使う時間を別のことに使いたいのはわかるようなきがします。

私は赤の他人ですから、この生き方を良いな、と受け止めますし、共感もできますが、ご家族や世話をされている方にはまた、別の感情を持つことでしょう。

中途半端な私は

良いと思っていても、今のところは私はその生き方を選べそうにありません。虫歯が悪化して我慢ができなくなったら、最終的には歯医者に泣きつくでしょうから、その前に治療をしようと思うし、虫歯以外でも不調があったらやはり医者に見てもらいたいと思います。

もし自分の人生がいつ終わるかわかっているなら、もういいわ、と言えるときが来るのかもしれません。でも私は自分からあえて人生の終わりのときをわかろうとしないかもしれませんから、やはりもういいわと言えるときは来ないような気がします。

中途半端な気持ちのまま、私は折れそうになる自分の心をなだめたりすかしたりしながら、ダラダラと通院するのだと思っています。

でも、親戚にそんな話をしたら、こう言われてしまいました。

50(歳)過ぎて歯医者と目医者くらいしか行っていないなんて元気な証拠だよ。恵まれてるよ。

どうも私はまだまだみたいです。先は厳しいですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

  1. 葉月 より:

    こんにちは。少し涼しくなって来ましたね。
    最後のご親戚の言葉、クスクス笑って納得しました。確かにそうですね。
    歯医者さんの煩わしさもよく分かります。歯って、持って生まれた質があり、強く良い歯質に生まれた人は、大して手入れをしなくても虫歯にはならないようです。うちの夫はまさにそうです。
    反して私は駄目です。なので両親を見送って相続をした52歳のとき決心して、気になるところを5年くらいかけて全て治しました。新車一台分くらいかかりました(笑)
    私は周囲の人には、歯医者だけは治るまで通うように言っています。
    噛めることは、認知症にもなりにくくなるそうです!他のことを後回しにしても、歯はお大事にどうぞ。

    • yumikoneko より:

      いつもありがとうございます。

      歯医者では苦労している人が多いのですね。実は私の母も、40代から入れ歯を使っていました。それを見ていましたが、自分が通院するのは、すぐに嫌になります…

      歯医者に何年も通っている人のことを考えると、めまいがしてきそうです。

      でも、自分の歯で食べるのが一番美味しいそうですし、自分の状況に感謝しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました