エコバッグ、まんまと乗せられた気分

生活

今日7月1日から、スーパーなどで商品を入れるために今までは無料でもらっていたレジ袋が有料になりました。エコバッグを使いましょうと言われていますが、どうも私はまんまと乗せられた気分です。

エコバッグは1つじゃ足りない!

エコバッグは食料品を入れることから汚れやすく、雑菌の温床になるそうです。中には食中毒の原因になる菌もついているので、複数を使い回すように言われています。確かに汚れているよりは清潔なエコバッグを使う方が良いのでしょうが、エコバッグだって無料ではありません。

現在はおしゃれなもの、機能が違うもの(例えばスーパーのカゴにかけて使うものや保冷機能がついたものなど)など、いろいろなものが販売されています。値段も決して安くありません。

一方、レジ袋は有料になったといっても、1枚2~5円ほどです。私は5円だと高いと思いますが、3円なら許せます。もし頻繁に買い物に行く人で年間レジ袋を300枚使うとしても、1枚3円なら費用は千円前後です。しかも使い捨てなので、衛生面を気にする必要はありません。

もし1つ千円のエコバッグを3つも4つも買って使いまわしをするなら、元を取るのに何年もかかるということになります。

よくテレビでインタビューをされている人が、レジ袋にお金を払うのはムダな出費なので、ちゃんとエコバッグを用意しています、などと語っているのはなんだかおかしいな~、と私は思ってしまうのです。レジ袋とエコバッグ、ムダな出費はどちらなのかわからなくなってしまいます。

レジ袋が減れば、環境が良くなる?

レジ袋の有料化にはプラスチックごみ削減の意味もあります。でも、プラスチックごみ全体の中で、レジ袋が占める割合はほんの僅かなものです。レジ袋を減らすことで、すぐにプラスチックごみが削減できるわけではなく、あくまでもこれは入り口なのだということを忘れてはいけません。

レジ袋有料化についての報道を目にする機会が多いと、ついレジ袋さえ減らせば、環境が良くなると思ってしまいそうで、私はそれも怖いです。多分私も含めて日本人は何か1つの課題を出されると、それをやり遂げるのに必死になってしまうのです。ほかのことには目もくれなくなり、結果としておかしなことになってしまう気がしてなりません。

私はプラスチックごみを減らすには、個人の力では限りがあると思います。プラスチック容器に入っていない卵や豆腐、納豆を買おうと思っても、今は難しいでしょう。これは企業が先導するべき問題です。

私自身はエコバッグ派ですが…

なんだかんだと言っていますが、私自身エコバッグはもう何年も前から使っています。レジ袋は気を抜くと家の中で増殖しているのが嫌なのがその理由です。

我が家の祖母が亡くなった後、山のようなレジ袋が出てきて驚いた記憶もあります。人におすそ分けをするとき、ちょっとしたゴミを捨てるときにはレジ袋が必要だと言っていましたが、すべてとっておいても結局は使い切れなかったわけです。レジ袋もまとめて捨てるとなると面倒でした。

エコバッグも自分がこれで良いと思って使うのと、世の中の風潮に流されて使うのでは、まったく気分が違ってきます。世の中の風潮に関係なく、生活の中身は自分で選んでいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました