家も健康診断

生活

我が家は築27年。古くなりました。いろいろとガタも出てきますが、毎年ハウスメーカーから、定期検診をしましょうと通知が来ます。昨年はコロナ禍だからと断ってしまいましたが、今年はお願いしました(コロナ禍がいつ終わるのかわからないので…)。

よく見てもらって、安心!

約束の10時5分前には担当者2名が到着。外回りから、中の水回りまでじっくりと点検してくれました。私もいくつか気になる点があって、質問したりしたので、2時間ほどがあっという間でした。

結果としては大きな欠陥はないということで、ホッとしました。

キッチンや洗面所で、水栓の根元から少し(本当に少しですが、これは放っておいても良いのかどうかがわかりませんでした)水が漏れるのを相談しましたが、経年劣化なので、まだ使っていて大丈夫と言われました。すでに部品はないので、もう修理が難しいこと、あと数年使って、決定的に駄目になったら水栓本体を取り替えた方が良いことを伝えられました。

また、窓を開ける度に、ゴロゴロと異常音がするのも、ガラス戸を外して見てくれて、ゴミが詰まっているのを発見してもらいました。やはりこれも、もし部品を交換するとしたら、もう部品が存在していないので(私と夫は中で戸車が壊れてしまったのかと思ったのです)、代替品を見つけるのが大変だったと思います。

昔は面倒だった

とりあえず執行猶予の判決が出た気分です。しかし、新築した年から毎年この点検をしていますが、家は古くなってからの方がトラブルも多いし、点検は大切になると感じました。新築してしばらくは、あまり助かったと言う感じがしませんでしたから、家の点検は見知らぬ他人が家に来る面倒くさいことでしかなかったのです。

今回は水回りの点検を重点的にやってくれるということで、洗面台の下は予め片付けておきましたが、キッチンのシンクの下はそのままでした。正直、シンクの下まで開けられるとは思っていなかったので(前回は開けなかったです)、参ったなというのが感想です。

他人にそこまで見せることは普段はありえないので、どうしても点検へのハードルは高くなりますが、それでもやはり、専門家にこれで大丈夫ですよと太鼓判を押してもらえるのは心強い限りです。

健康診断との共通点

これは健康診断に似ていますね。若いときには意義が感じられなくても、年を重ねるごとに健康診断は大切になります。毎年、何も引っかからないと、ホッと胸を撫で下ろす人は多いのではないでしょうか。

最後にもう1点、気になっていたキッチンのブラインドについて相談したところ、こう返答されました。

私どもに注文すると、高く付きますから、現物を持ってホームセンターへ行ってオーダーすると良いですよ。現物を採寸してもらえば、間違いありません。

点検が終わった後、すぐに夫が行くぞ、と言うのでホームセンターへ行きました。偶然、幅がピッタリのものが見つかり、その場ですぐに購入できました(長さはあっていませんが、キッチンだし、どうせ汚れるんだから、もういいやという気持でした)。写真は新しいものに取り替えたところですが、今一つ伝わりませんね。

これも健康診断が終わって、羽目を外す人にちょっと似ているような気がしました。ちょっと浮かれちゃいました。また来年まで、無事に生活できると良いな~、と思っています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました