価値観が違う!

家族

今朝夫の弟から電話がかかってきました。弟は脳梗塞のリハビリのために入院中なので、何か困ったことがあったのかと身構えましたが、マンションに置きっぱなしの車の定期点検をやって下さい、という内容でした。聞いていてモヤモヤしてきました。

入院費だけでも大変なのに…

弟は脳梗塞を起こす前から、うつ病で休職していたため、車に乗る機会もほとんどなくなっていました。都心にある会社の借り上げ住宅に住んでいたため、通勤で車を使うこともありませんでした。

休職中にお給料がどうなっていたのかを私は詳しく知りませんが、とにかく弟は経済的な不安を覚えて、長らく音信不通だった(弟が電話中に激高して、縁切りを宣言されたと夫は言っていました。もしかして、弟の精神状態が悪かったのかもしれませんし、夫が言ったことが気に障ったのかもしれませんが、私にはよくわかりません)我が家に電話をしてきて、その不安を訴えました。そしてその2~3日後に発作を起こして救急搬送されたのです。

こちらは弟の入院費を払うだけでも、かなり経済的な打撃を被ったように感じています。すでに1カ月分の入院費はすでに支払っており、ため息をついているところです。そして我が家の家計だけでなく、弟のこれからの家計を考えて、夫と私は車は売ったほうが良いのではないかとも考えていました。

実際に弟は夫と話をした時には、車は売ろうかな、と言っていたそうです。しかし、先程の電話での会話では、こう言いました。

今の駐車場は相場の半額くらいなんですよ~。他の人に借りられると困るんで、ずっと借りたいんですよね。

どう考えても無駄遣いをしているように感じる

つまり、弟には車を処分する気もなければ、生活を変えようという気もないのです。都心の駐車場は私たちが住んでいる地域の5倍ほどです。経済的な不安を覚えて、一度は縁を切ると宣言した兄に頼る人にとって、駐車場の料金は大きな負担のはずです。

しかし、弟にはそうではなかったのでしょうか。それともすでに世話になっているのだから、車の定期点検くらい上乗せしても変わらないと思っているのでしょうか。

私が専業主婦をしていることで、我が家は裕福だと思われているのか、とまで考えてしまいます。定期点検の件は、車の鍵をディーラーに送れば、向こうで勝手にやってくれるそうなので、それほど私たちが手をわずらわせることはありません。

しかしそれなら、自分が退院してからにしようとは思えないのか、と私は考えてしまうのです。そして、そんなお金の使い方をしている人に、なぜ我が家が援助をしなければならないのかと考えると、モヤモヤは止まりません。

無理して価値観の違いを埋めたくない

そんな時、つい考えてしまいます。夫と私はもともと他人でしたが、長い年月をかけて協力して、やっと家族になりました。それでも、何かともとは他人だった事実を感じます。その弟は、もっと他人です。

しかもここまで価値観が違う人なら、普通は浅い付き合いに留めるでしょう。自分の価値観を変えるのは難しいですし、相手にそれを求めるのも酷なことです。だから浅く付き合っておくに限ります。

私の夫は早くに両親を亡くしてしまいました。だから、弟にかける想いは人一倍強いのだろうと察して、弟のことにもなるべく親身になるように務めていました。だから、転院のときも手伝いにいったし、弟に頼まれたことは優先してやって来ました。でも、一度こうなってしまうと、もとのような気持ちにはなれないだろうな~、と感じています。

それにしても人を助けるって難しいと実感しています。相手の希望とこちらのできる範囲にはたいてい大きなズレがあるからです。最初から、なるべくかかわらないようにしていた方が、良かったような気もしますが…、それもなかなかできないんですよね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました