PTAの夢を見た

PTA

私はあまり自分が見た夢のことを覚えていません。だから先日の夢を忘れないでいたことには、何となく意味を感じてしまいます

夢の中で焦っていた

夢の中で私はPTAの役員になっていました。そして役員は全員所在がわかるように、奥歯にチップを入れますといわれて、とても焦って抵抗しているという内容でした。実際は娘は2人とも成人しているので、もうPTAの役員になる心配はありません。私は小学校と中学校の両方で役員をやりました。自分としては、頑張ってうまくやったつもりでしたが、こんな夢を見るとはどういうことなのでしょうか。

うまくやったつもりでも、その最中にはやはり嫌なことがありました。人と人が集まると、誤解が生まれることもあります。すごく嫌なヤツだと思われているんだろうな~、と考えて落ち込んだこともあります。

次年度の役員を決めるときには、普段では考えられないこともいわれました(みんな役員をやりたくないから、必死でした。だから嫌なこともいったのでしょう。でも、私もみんなと同じただの一保護者だったのですが…)。私は役員決めの後に、ストレスから突発性難聴になったこともありました。

何だか面倒になってしまった

役員どうしは仲がよくて、任期が終わってからも、集まっていた時期がありましたが、最近では面倒になってしまいました。娘の近況を聞かれて答えるのが面倒なのかもしれません。別に漫画家(駆け出し)や引きこもりが恥ずかしいわけではありませんが、どういう顔をして説明すればよいのかと考えてしまいます。

また、娘たちの近況を話した後に、お決まりのように(漫画家に対しては)「夢を追いかけるって、いいよね」とか(引きこもりに対しては)「何かやりたいことが見つかるといいね」などといわれるのも、返事に困ります。

PTAのときの知り合い以外に、ほとんど連絡を取る人もいなかったので、携帯電話が壊れたときに、さっさと解約をしてしまい、以来2年間私は携帯電話を持っていません。夫や私の弟には、携帯電話を持っていないと連絡しにくいよ、といわれましたが、耳を貸しませんでした。

やっと自分の気持ちに気が付いた

私は自分でもいろいろな我慢をしてきたのかもしれません。夢の中で登場したチップというのは、もしかすると私の携帯電話のことかもしれないと思います。役員をしているときは、大切な連絡手段でした。もし固定電話だけなら、これほど密な連絡を取ることはできなかったと思います。つまり携帯電話は私を縛るためのものだったのです。

もちろん、PTAの役員をやると、いろいろと得るものがありますが、それは後付けなのかもしれないとも思います。誰でも自分がやったことは無駄ではなかったと思いたいですから、後からこんなよいことがあった、と得たものをあげているだけかもしれません。

久しぶりの夢で、いろいろなことを考えてしまいました。夢はわけがわからないようでいて、実は自分の本当の気持ちが現れるのかもしれないと思います。

もう3月も半ばになりました。また、新しい生活が始まって、PTAの役員になる人もいるかもしれません。どうか、無理のないように、自分の気持ちをごまかさないように、協力しながらやっていかれるように祈っています。私の文章で不安にならないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました