今朝の寝室は3.6℃!最強寒波到来で羽毛布団を購入した過去の自分に感謝したくなった

生活

10年に1度の最強寒波がやって来たそうです。確かに寒いです。今朝起きたとき、私たち夫婦が使っている寝室は気温が3.6℃しかありませんでした。寝室には東の方向に出窓があります。出窓にはシャッターがなく、朝は度々結露が凍っているのですが、今日も見事に凍っておりそんな部屋で寝ている自分たちに改めて驚きを感じています。

羽毛布団のお陰で毎晩眠れる

とは言え、私がことさら寒さに強いわけではありません。毎年しもやけに苦しんでいるし(今年は何とか大丈夫ですが)、しもやけでなくても手や足がまるで氷のように冷たくなるのは毎度のことです。それでも冬に眠れているのは、ひとえに羽毛布団のおかげだと思っています。

この羽毛布団、一体いつ買ったのかを思い出してみると、長女がまだ高校生の頃だったので15年ほど前になります。自宅近くのニトリで買いました。値段は1万円くらいだったため、羽毛布団もずいぶん手頃になったのだな、と感心した覚えがあります。

羽毛布団を買うまでは結婚する時に母が持たせてくれた綿の布団を使っていました。この綿が経年劣化で固くなり、身体に沿わなくなったため、隙間風が入ってきてとても寒かったのです。だから初めて羽毛布団を使った日はあまりの軽さと温かさで感動しました。

羽毛布団を勧めてくれたのは母だった

すごく若い頃は綿の布団の重さが好きでした。布団の重さがあると何だか守られているような気がしたのです。しかし、これは年を取るのと同時に、寝苦しさの原因となっていきました。最初に私に羽毛布団を勧めてくれたのは、結婚する時に綿の布団を持たせてくれた母でした。

古い綿の布団は全然暖かくないから、遠慮せずに捨てなさい。15年も使ったんだから十分だよ。羽毛布団は軽くて暖かくて、一度使ったら辞められないよ。軽くて心細いなら上から毛布をかけたらいいよ。今は羽毛布団も驚くほど安くなっているから、早く買い替えな。

私の使っている羽毛布団も値段は安いですが、15年経った今もちゃんと使えています。多少ヘタったようですが、丸洗いをしたらまた復活しそうな気がします。

夫は絶対に使わない

ただ、夫にも羽毛布団を勧めたのに、夫は俺はもったいないからいらないと言ってその場では購入しませんでした。後から本当に暖かいから、と再度勧めたのですが、それでも暖かすぎるのは気持ち悪いと言って(だから寝室でエアコンを使うのも気持ち悪いと言うのです)、今でも羽毛布団を使おうとしません。

夫も今年60歳になるのに、これで本当に良いのだろうかと気になっています。しかし私も、せっかく勧めても、あまりに否定されるともういいかな、という諦めの気持ちになってしまうのです。

昨日、今日と夫は寒くてよく眠れなかったそうです。それでなくても健康不安が増えてくる時期になったのですから、せめて夜寝ているときくらい寒くないようにすれば良いのに…。でも、もう自分が良ければそれで良いかな、とも思います。世の中ではこれだけヒートショックが警戒されているのに、我が家ではほぼ関係なしです。

先日あまりにトイレの中が寒いと、次女が自分でヒーターを買っていましたが、これも夫に言わせると火事が心配、トイレが狭くなるし…という反応でした。まあ、このような家で羽毛布団を購入しておいて、本当に良かったです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました