好き嫌いが面倒くさい

何でも食べよう 生活

我が家では家族それぞれの好き嫌いが一致していないため、とても面倒くさいと感じます。例えば単品で〇〇が食べられない、というのは気をつけやすいのですが(長女はナスが苦手で食べません)、夫の好き嫌いはちょっと違うのです。

今になってこの味が嫌と言われても

夫が最近になって突然言いだしたのは、ケチャップ味が嫌ということです。何でも同じ味になってしまい、食材の持ち味がわからないというのが理由のようです。

しかし、結婚して30年私は何度もケチャップ味の料理を作ってきました。酢豚にエビチリ、オムライスなどは娘たちの好物でもあったからです。それを最近になってケチャップ味は嫌だとい言うのは、私に対しての嫌味なのかと思うこともあります。

それから夫はチーズも嫌だと言います。やはりチーズをかけて焼くような料理(グラタンやチーズ焼き)は味がどれも一緒だからつまらないと言うのです。それにチーズ味のものは早くお腹がいっぱいになってしまうのもつまらないそうです(私としては、いろいろな要求に応えるのが面倒くさいので、早くお腹がいっぱいになって欲しい)。

散々グラタンやピザを作ってきた私の立場は?と思うと悔しい気持ちまで湧いてきます。

いくら夫にそれを訴えても、まったくピンと来ないようで、なぜ私が気分を害するのかがわかっていません。夫は私が怒っていても、どこ吹く風ですし、何なら私の精神状態に問題があるとでも思っているようです。

急に予定を変えないで

今夜夫は地域のお囃子の仲間たちと寄り合いがあるので、帰りは飲みに行くかもしれないと言いました。そこで私は久しぶりに娘たちのために、オムライスを作ることにしました。やはり1人でも嫌だと言う人がいると、その料理は作りにくいのです。

ところが、夕方になって夫はこんなことを言いました。

やっぱり雨も降ってきたから、今日は飲みに行かない。早く帰ってくるわ。

好き嫌いと急な予定の変更、もうまったく付き合いきれません。他にも次女の言うことも、私には対応しきれません。肉がメインだとあまり食べたくないだの、魚もこれは生臭いだの、食べにくいだのと言います(つまり次女はオムライスやグラタンが良いらしい)。

まさに今の私はあちらを立てればこちらが立たずの状態です。こういうときも子どもが独立すればな~、とつい考えてしまいます。夫婦2人だけなら夫に合わせるだけで済むからです。

もっと私の好みがはっきりしていれば、毅然として自分が食べたいものを作るのでしょう。人生、どんな場合においても、自分をしっかり保つということが大切になるようです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子育て終了主婦へ PVアクセスランキング にほんブログ村

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました